あふれる音の空間〜瞳を閉じて

アクセスカウンタ

zoom RSS メジャーな曲よりも…それがJohnクオリティ

<<   作成日時 : 2009/05/14 02:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

みなさんおこんち〜(^^)/
前回は初のDJ形式でお送りしましたが、3曲は結構しんどいなぁ〜笑
でも基本的に1〜3曲ペースで更新して行くことにしましょう
今回も3曲のご紹介になりますがよろしくお付き合い下さい^^


それでは今回の1曲目
ガロの1973年のシングルナンバーから「一枚の楽譜」どうぞぉ〜

画像





「一枚の楽譜」
ガロ


ガロと言えばやはり「学生街の喫茶店」が有名で、その他はというと「ロマンス」「君の誕生日」ってところが挙げられるでしょう
おいらも最初はこの辺しか知りませんでした…何しろリアルタイムではおいらはまだ小学生にもなってないわけですから、あとからTV映像やラジオなどで流れて来るものしか知ることが出来ないのでしょうがなかったんです
でもそんなわずかな知識しかなかったとはいえ、TOMMYこと日高富明さんの自殺は衝撃的だったのを覚えています
しかし堀内さんのMRAKも普通やけど、大野さんの『VOCAL』って愛称はどうよ…笑
しかし、ふとしたきっかけでこの「一枚の楽譜」を聴いた瞬間
 カッコエエやんこの曲!
って思って調べると
 えっ?ガロなの?
そんな感じだったんです
そういえば、「君の誕生日」を初めて聴いた時は
 あいざき進也?
って思ったくらいですから(;^_^A アセアセ
まぁとにかく目からうろこが落ちるとはこういうことか?と思いましたねぇ〜
いやぁ〜名曲です、おいらの中では^^


さて、時は同じく元禄13年…じゃなくて1973年に頭角を現す1人の女性シンガーがいました
「私は泣いています」で一世を風靡したりりィさんです
彼女はあの下田逸郎さんの作品に参加した翌年1972年にデビューしているんですね
そして先述の曲がヒットしたのが1974年なんですが、りりィさんらしい曲がその前年に出ています
それが「心ガ痛い」です
おいらはこの曲の方が好きなんです
山崎ハコさんをもっとハスキーにして巧くした?(ハコさんゴメンナサイ(^^ゞ)そんな感じの迫力のある曲です
最近はドラマや映画に女優としても大活躍で、何故かオダギリ・ジョーとの共演が多いですね^^
古くはおいらの大好きな松田優作さんの『処刑遊戯』にも出ていて素晴らしい歌を聴かせてくれています
ラヴシーンまであって、この頃からなんと幅広く活躍されていたことか…
今ももちろん歌の活動をしてらっしゃるりりィさんですが、1つしょうもない疑問が…
彼女は少しカタカナ使うのが好きなの?
りり【ィ】とか「心【ガ】痛い」とか…笑
では肝心の曲に行きましょう〜りりィ「心ガ痛い」です

画像





「心ガ痛い」
りりィ



今回最後に御紹介するのは前回取り上げた鴉鷺白鳥英美子さんで、もちろんトワ・エ・モワから「愛の泉」のピックアップです
ホンマはメインブログで取り上げることになるかと思っていたのですが、おそらくこの曲しか扱わないと思うので今回早速記事にすることにしました
さて、トワ・エ・モワと言えば「誰もいない海」「空よ」やmickさんが取り上げていた「或る日突然」、そして札幌冬季オリンピックのテーマソング「虹と雪のバラード」が有名どころだと思います
「虹と雪のバラード」の前作にあたる「愛の泉」はもちろん、他のどの曲でも聴くことの出来る綺麗なハーモニーは安定した人気を保っていましたね^^
ただ、トワ・エ・モワフォークじゃないんですよね…まず根本的に楽曲を本人たちが作っていなかったことから明らかです
しかも、これはおいらも知った時はおったまげたましたが、白鳥英美子さんはデビュー前はスクールメイツにいらっしゃったんですよ!\(°o°;)/
これで芥川さんがジャニーズ出身やったらおもろかったのにね〜爆
音楽の教科書等にも取り上げられやすい優等生的なトワ・エ・モワは和製カーペンターズと言っても過言ではないかも知れません
それではトワ・エ・モワ「愛の泉」を聴きながら本日はお別れしましょう
また次回の記事をお楽しみにして下さいね〜ほな!(^^♪

画像





「愛の泉」
トワ・エ・モワ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
johnさん (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
ガロは、リアルタイムでした。ちょうど学生の頃に「学生街の喫茶店」は流行ってたころで、この曲のような学生生活でしたね。
「一枚の楽譜」は、私もお気に入りの楽曲です。
トミーの自殺は衝撃でしたよ。
ギターテクニックでは、チャーと双璧ともいう上手さでしたからね。
りりィは、私もブログに取り上げてますが、「心が痛い」も名曲ですね。おろは、「オレンジ村から」でしたか?これも、けっこう有名。
トワ・エ・モワの「愛の泉」も好きな曲です。
ジャンル訳してしまうとフォークとして語られてしまいますね、ギター弾いてたし。
フォークディオというと、チェリッシュやダ・カーポ・・・ヒデとロザンナは違うか?
みんな、相方と結婚しましたが、トワ・エ・モア(フランス語であなたと私)は結婚せんかったね。余談ですが・・・
mick
2009/05/14 11:29
mickさんまいど〜(^^)/

今回の3曲はmickさんならやっぱりよく御存知のものばかりでしたよね^^
しかも誰か書いてくれるかな?と思って書かずにいた「トワ・エ・モワ」の意味まで早速書いてもらえてよかったです
浪人中に少し勉強したフランス語でやっとわかった意味でした(^^ゞ
確かにこのデュオは結婚しませんでしたねぇ〜
平山泰代さんはええ感じの関西のオバちゃんにならはったけど、結婚までのエピソードがおもろいですね

さて、mickさんのブログを書いている際中は残念ながらここに挙げた曲を繰り返し聴いていましたぁ〜
赤ずきんの「あんたとあたい」はおいらもいつか取り上げたい曲です
ちなみにおいらのコッキーポップのイメージは福島邦子や門あさ美ですわぁ〜
いつもおおきに〜(^^♪
John
2009/05/14 13:41
johnさんこんばんわ〜

またまた楽しく拝見しましたよ(^o^)
メジャーな曲よりも…それがjohnクオリティ〜
のタイトルにも絶賛です

ガロの「一枚の楽譜」カッコイイ⌒☆
りりィの「心ガ痛い」もこの間YouTubeで初めて聴いたばかりでした。
何ていうか、ひらがな表記よりも、カタカナ表記の”ガ”のほうが、よりチクチク心痛が伝わってきそうですね。

代表曲よりも、隠れた名曲。
或いは、売れなかったけど個人的に好きな曲って結構たくさんあるから楽しいなぁ
winechoco
2010/04/03 01:04
ちょこさんおおきに〜(^^)/

そうなんですよねぇ〜懐かしのナントカとかで歌われる曲って当たり前のものばかりでつまらなかったりします
ガロの「一枚の楽譜」はピカイチでNo.1です^^
りりィさんも「私は泣いています」もええけど心をズキズキさせる曲が結構あってすごいです

ちょこさんとおいらがトワ・エ・モワで「愛の泉」を絶賛するように隠れた名曲をみんなに聴いて欲しい…そんなコンセプトで書き続けたいおいらです(^^♪
John
2010/04/03 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
メジャーな曲よりも…それがJohnクオリティ あふれる音の空間〜瞳を閉じて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる